top of page

スタッフブログ

スタッフがありのままのマホリを発信しています。

相談

先日労働に携わる某機関に連続運転、休憩、労働時間について

相談に行ってきました。

 

現在、当社では労働時間短縮の取り組みを最重要課題として進めておりますが、

まだまだ知識不足で、改善しなければいけない部分が多々ある事を痛感させられました!

 

拘束時間とは何をもって拘束時間なのか?

連続運転時間は4時間が限度とし、30分以上の休憩等を確保する事となっていますが、

その休憩等の「等」は何を示しているのか?

労働時間は(拘束時間-休憩時間)ですが、休憩時間とは何をもって算出するのか?

 

などなど他にもたくさん基準がありますが、意味をはき違えたり、知らなかったり・・・

 

 

皆様はいかがでしょうか?

何を当たり前の事を言っているんだと思われる方もいるかもしれません。

言葉は知っているが内容は分からないという方もみえるかもしれません。

 

人それぞれですが、社内での意思疎通、共通認識を図る際、

やはり基準となる情報が重要で、それが国の定める資料なら

間違いないものです。

今後も定期的にお伺いしご指導を受けていきたいと考えています。

 

 

しかしながらつくづく日本語って難しいなと思いました。日本人ですけどね(汗)

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

首都高死亡事故例より当社対応

5月14日に埼玉県内の首都高速道路で発生した 大型トラックによる死亡事故について 社内で事故記事を回覧しています。 「かぜをひいていて、かぜ薬を飲んだ」 とのことですが、判断や対応が難しいと思います。 事故前日に「体調が悪い」 と申し出があったとのこと。 ただ、出発前点呼時に体調確認がなかったらしく、 もし、点呼時に発見ができたら。。。 また、前日の申し出の時に 何か対応をしていたら。。。 と考え

2023年度 労務・健康管理の統計

令和5年度(2023年4月~2024年3月) ■入退社数 入社人数    3名 退職人数   12名(定年退職2名、再雇用制度定年1名含む) 在職人数   74名(令和6.3.31 時点) 離職率  16.2%(令和6.3.31 時点) ■労働時間統計 年間平均拘束時間  2,557時間34分 月間平均拘束時間    220時間52分 日当たり平均拘束時間   10時間12分 年間平均

Comments


bottom of page